双極性障害は自分と向き合う治療を行うことで再発防止になる

多くの治療法

薬を服用

双極性障害を治療する方法は数多くあります。心の病気と言われる精神疾患を治療する為にも、適した薬を服用する事があります。その薬には、気分安定薬や抗うつ薬があり、それぞれの効果は異なります。気分安定薬というのは、双極性障害の治療に最も選ばれている薬で、躁やうつの波を安定させるものです。その波を小さくする事で症状を和らげますが、妄想などが現れた場合には抗精神病薬を併用する事もあります。抗うつ薬は、双極性障害を発症している間はあまり服用しませんが、躁とうつの中で重度のうつを発症した時には、気分安定薬と併用します。うつ病患者や双極性障害患者で多いのが不眠症です。不眠というのは体に悪い影響を与える上に治療を阻害するので、睡眠薬を服用する患者もいます。

カウンセリングを

双極性障害の治療の為に、薬を服用するのと同時に精神療法を行ないます。精神療法には多くの種類があり、患者1人1人に適した療法を医者が提示するでしょう。心理教育と呼ばれる精神療法では、医者と患者が2人で同じ目線で発症している精神疾患に対して会話をするものです。その会話の中では、この疾患に対する情報を共有したり、理解を深めたりします。そうする事によって、得た情報を元に患者自身が行動を改めて治療に繋げていくのです。時には患者の家族を交えて行なう事もあり、家族全員が発症している疾患に対しての知識を持つ事が必要だと言えます。精神療法を受ける事は、完治に有効な方法だとされています。

双極性障害の治療について

双極性障害という名前だと聞きなれないという人もいるでしょう。実はこの双極性障害、躁うつ病とも言われる症状なのです。躁うつ病とはその名の通り、うつ病の特徴である慢性的なうつ状態にプラスして双極にある躁状態が症状として現れてきます。躁状態とうつ状態の周期はそれぞれのケースで異なってくるのですが、最初のうちは数年、数か月の周期で燥、うつを繰り返していきます。症状が悪化すればするほどのの周期の期間は短くなり、自覚症状も出てきます。 双極性障害の治療は薬物療法が主になってきます。他の精神疾患とは違い、双極性障害はカウンセリングなどの心理療法だけでは治療を行うことができないため、しっかりとこの症状を抑えたいという場合には早急に専門医の診察を受ける必要があります。

カウンセリングや受診の方法

先にも述べたように双極性障害の治療には薬物療法が欠かせません。ですから必然的に、治療の際は心療内科や精神科などの医療機関を受診する必要があります。ですが、時にはそれら薬物療法と一緒にカウンセリングなどの心理療法も有効なケースがあります。もちろん、これはあくまで薬物療法の補助的な役割で行っていくものなのですが、カウンセリング等で自分やその双極性障害と向き合うことで治療に向き合う気持ちができてきます。 双極性障害の治療はその症状が治まったとしても長期にわたって再発予防を続けなければいけません。それを怠ることで以前の症状よりもきつく再発症状が現れるケースもあるので、治療に本格的に向き合う気持ちを作っていくことから始めていきましょう。