双極性障害は自分と向き合う治療を行うことで再発防止になる

専門とする病院

治療は精神科で

双極性障害の治療を専門に行っている病院は精神科です。躁状態になると入院が必要になる場合もあります。病院を探す時には、入院が出来る病院を選ぶといいでしょう。双極性障害を正しく治療する事で、快適な生活を送る事が出来るようになります。専門的に長く、双極性障害の治療に携わっている病院を積極的に探して治療を目指しましょう。

ネックを感じる

精神科で治療する事が出来る精神疾患を治療する為には、継続して病院に通う必要があります。精神科に通うという事で自分が精神病だという意識が強まり、それがネックに感じ、足を運びたくないという人が多くいるでしょう。しかし、そういった事を感じて病院通いを途中で辞めてしまうと、治りかけている状態が再度悪くなってしまいます。双極性障害やうつ病患者の多くがそう感じているのを家族が支え、一緒に病院へ同行すると気持ちが楽になる事もあります。また、家族が同行する事によって、医者が治療に関して伝えた情報がきちんと家族に伝わるというメリットもあります。躁状態であると、物事を上手く伝える事が出来ないので、患者が家族に伝える情報が正しくない場合があるのです。

気持ちを共有

双極性障害の治療を行っている病院では、同じ病気を発症している患者同士でコミュニケーションを取る療法を採用している事があります。そうする事によって、他人が分からない気持ちを理解してもらえるという喜びを感じるでしょう。お互いにこういった会話をする事によって、この病気について知識を深め、新たな考えを見出せるきっかけになります。悲観的な考え方になりやすい双極性障害は、他人とコミュニケーションを取る事で、病気に対していい影響を生むのです。こういった療法を対人関係療法と言い、その他には、認知行動療法などがあります。病院に通う事で、自分が発症した病気に合わせた療法を受ける事が出来るのは大きなメリットになるでしょう。

双極性障害の薬物療法

双極性障害の中心となる治療には、薬物療法と精神療法があります。主治医の判断によって、それぞれの症状に合わせて、効果的な療法が適用されます。 薬物療法で使用される薬には、気分安定薬、抗精神薬、抗うつ薬、睡眠薬などがあります。その中でも中心として使われるのは、躁やうつのように激しい気分の波を緩やかに安定させる作用がある気分安定薬です。この薬は治療開始時から使われることが多く、また再発防止にも効果があると言われています。 そして、経過の症状をみながら、他の種類の薬を追加するなどして、治療を進めていきます。薬の服用で症状の改善が期待出来ますが、再発の可能性も高い病気のため、症状が安定しても主治医の指示に従って服薬を続けることが必要です。

行動パターンを変える療法

双極性障害における精神療法には、心理教育、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法などがあります。 双極性障害の原因は、現在でも特定出来ていません。しかし、遺伝子的要因と罹患した患者を取り巻く環境的要因が深く関係していると言われています。 精神療法は、患者の生まれ育った環境や周囲から受けるストレスが発症に影響を与えた場合の治療に用いられます。患者本人が医師や家族と共に双極性障害についてやその対処法などの情報を共用し、理解を深めます。そして本人が自分の行動を見直し、双極性障害を発症しやすいパターンを変えていこうとする療法です。周囲の出来事や人間関係を適応的にとらえる考え方を学ぶことで、躁うつの激しい気分の波を抑えていきます。