双極性障害は自分と向き合う治療を行うことで再発防止になる

  • 専門とする病院

    双極性障害の治療を専門的に行っている病院は、数多くあり、探す為にはネットを利用すると良いでしょう。治療を専門的に行っている精神科では、多くの治療法を患者自身に合わせて行っています。

発症する原因

身の回りの環境

人はさまざまな事でストレスを溜める事があります。そのストレスの原因は人によって異なり、仕事や家庭などがあるでしょう。対人関係が上手くいかずに心に負担を背負う状態になるのです。その状態を軽減するために、自分自身で解決策を組める人もいれば、解決できずにその状態が悪化していく人もいます。悪化していくとうつ病を発症し、ものの捉え方が悲観的になります。そうすると他人と分かり合えなくなり、自分にとって苦しい状況になるでしょう。うつ病患者は、10〜15人に1人が生涯で発症すると言われていて、身近で悩んでいる人多くいるでしょう。心の負担を取り除く治療が必要になります。

うつ病から併発

双極性障害は気分障害とも呼ばれ、うつ病から併発して発症する事がほとんどだとされています。その数は、双極性障害を発症した患者全体数の約3分の2になります。うつ病患者の中には、うつ状態と躁状態を繰り返す人がいます。躁状態というのは重い状態であり、気分がものすごくハイになり周りの人に迷惑行為をする傾向があります。うつ状態になると、一変して激しく自分を責めるようになります。こういった双極性障害は、正しく治療をしないと大変な結果に繋がりかねないと言われています。再発の恐れがある双極性障害なので、治療を行ない完治した後も、継続的に予防法を取る事が重要です。

心に違和感

自分の心に負担を背負っているような違和感や、悲観的な考え方をするようになったら、心の病気を疑いましょう。心の病気は根本的な問題を解決する事が大事で、治療に取り組む事が遅くなると、症状はさらに悪化してしまいます。そのリスクは大きく、自分にも周りの人にも悪い影響を与えるでしょう。普段から、自分の心の状態を意識して見ておく事です。

双極性障害の治療に関して注意すべきこと

双極性障害とは精神疾患のひとつで、昔は「躁うつ病」とも言われていました。暗くふさぎこんでしまう「うつ状態」と、異常に気分が高揚している「躁状態」が繰り返し現れる慢性的な病気です。うつ状態においては自殺企図などの命の危険がある一方、躁状態においては通常の社会的生活が困難になるなど、十分な治療が必要不可欠です。 双極性障害の治療方法については研究が進んでおり、薬での治療が可能です。主に、双極性障害に有効だとされる気分安定薬を服用することで症状をコントロールしていきます。また、双極性障害などの精神疾患の治療には、薬物療法だけでなく心理療法も欠かせません。病気についてやその症状、薬の副作用等について医師によるカウンセリングを行い、患者自身が病気をしっかりと把握することで円滑な治療と再発防止をサポートしていきます。双極性障害では適切な薬物療法に加え、それを支える精神的な治療が大切といえます。

病気について知っておきたいこと

双極性障害の原因の解明は未だにされいませんが、ストレス等といった事が原因となる他の精神疾患に比べ、脳などの身体的な原因が強いとされています。双極性障害の患者さんの中には、自分が精神疾患にかかってしまったことに対して大きなショックを受ける人も少なくありません。しかしながら、双極性障害はどんな性格の人でも発症する可能性のある病気で、適切な治療を続けることで今までと全く変わらない社会生活を送ることができます。 双極性障害では、患者さん自らが病気を認めしっかりと向き合うことで、治療をスムーズに行うことができます。医師や家族と症状や病気に関する問題を共有し、対応策を事前に練っておくとこで再発も防止することができます。また、規則正しい生活やゆったりと自然と共に過ごすことも双極性障害の治療には有効です。

  • 多くの治療法

    精神疾患の1つともなる双極性障害の患者の特徴として、自分が偉くなったように感じたり、注意がそれやすくなったりします。完治させる為には正しい治療が必要で、その種類は豊富にあります。自分に合った治療法を取ってくれるでしょう。

  • 完治を目指して

    双極性障害を完治する為には根気強く治療を継続する事が大事です。他人と上手くコミュニケーションを取る事が出来なくなる辛さから脱出する為には必要な事です。医者と家族に協力を仰ぎましょう。